« 都心を知る、日本を知る。 | トップページ

社長とそうでないヒトの違い。

毎週、社長+プレゼンター4、5名+20名程度の聴衆で構成される、通称「社長ミーティング」がある。質疑応答は社長とプレゼンターの間で行われ、原則として聴衆は発言しない。会議は全て英語で行われ、世界的に注目されているカリスマ社長に、毎回地雷を踏んだ(質問され、それに上手に答えられなかった)不運なプレゼンターが(時には不興を買い)大変な宿題を申し付けられる。われわれはこの会議を裏で「公開処刑」と呼んでいる。先輩プレゼンターたちは、社長はまったく予想だにしていない点をついてくるから質疑応答の対処のしようがないが、それでも万全の準備を尽くしてあとは運を天にまかせるのみだ、と言う。今まで、のぼーんと聴衆側にいたのだが、とうとうプレゼンター側にまわることになった。
事前に、もう明白すぎて質問のしようがないでしょ、という小学生に説明するような単純なスライドを用意し、会議では、とにかく、ネイティブ顔負けの高速回転でじゃべり、そして何もないならハイ次へ、とほぼダッシュ状態で演台から駆け去った。運良く私は公開処刑にはあわなかった。
ヒトは社長の突っ込んでくるポイントは予想不可能だ、という、しかし、入社以来何回かこの会議に出たが、実はそうではないのではないかと思った。要するに、社長と各プロジェクトの担当者レベルでは、視点が違うのだ。突っ込みどころは、グラフ推移の数値が極端に低い(高い)ところとその理由、ロジックがあいまいなところ、業界トレンドに関係しそうなところ、その他経営者の勘で、なんか経営上まずいんじゃないか(もしくはこうしたらもうかりそうなんじゃないか)と引っかかるところである。社長になったつもりで、発表の資料を眺めてみれば、おのずとつっこみどころが分かるはずだ。
(とはいっても実際は社長じゃないのでそれも難しいのだが。)
それにしても、わたしら担当者レベルは、とりあえず自分の抱えているプロジェクトの発表が終われば、ホッとして後に続く内容にはたまにうわのそらになってしまうこともあるが、社長は違う。全部の発表を聞いて必要があるときは容赦なく突っ込む。
(強い)経営者とその他の違い、それはオーナーシップ意識の違いだろう。(強い)社長は会社を背負っているので、それが小さな事であっても仕事に対する意識と関心とこだわりはもう尋常ではない。
オーナーシップ意識の差、それが(強い)経営者とそうでないヒトたちを分ける深い深い谷のような気がする。
それにしても、ミーティングが英語になってまだ数ヶ月しかたっておらず、英語に不慣れな社員が多いというのに、確実にプレゼンターたちはすごい勢いで上達している。退路を断たれてもうやるしかないんだ、という状態に追い込まれたときの日本人の恐るべき適応能力の高さは、世界に誇るべきものだろう。(日本人は危機ドリブン=危機になって初めて行動を起こす、民族だという論文を読んだことがあるが、まさにその通りだ。)

|

« 都心を知る、日本を知る。 | トップページ

日本人の世界進出」カテゴリの記事

コメント

相変わらずすごいことやってんね~。私が学校でやってるプレゼンなんか、全然脚元に及ばないよ 苦笑。

投稿: まんた | 2010年5月30日 (日) 23時47分

http://qawsed.info/art/jnbhd2u
俺の暴れん棒貸してやったら8万くれた!!

投稿: 六兵衛 | 2010年6月18日 (金) 09時23分

はじめまして!アメブロから参りました。一気に全部読ませていただきました!ツイッターのアカウント等あれば教えていただきたいです!

投稿: Kayo | 2010年9月 7日 (火) 11時24分

はじめまして!
株式会社Groodの原口と申します。

弊社はamebaニュースやYahoo!ニュース等の各種有名サイトにおいて、
急成長中のベンチャー企業としてお取り上げて頂いております。
http://news.ameba.jp/20130130-225/
http://jp.techcrunch.com/2013/05/24/grood-funding/


そして現在、新サービスとして「海外在住・旅行経験者の方による旅行プラン提案サービス」を
5月頃をめどに開始する準備を進めております。
http://www.travel-lobby.info/

こちらのサービスは以下の流れとなっております。
ーーーーー
1.旅行者の方が”こんな旅行がしたい”とリクエストする
2.現地滞在・旅行経験者の方がプランを提案する(チケットやホテルなどの原価+手数料が価格)
3.旅行者の方がプランの注文を行った場合、弊社側で手配を行ないプラン提案者に1万円の報酬をお支払い
ーーーーー

このサービスをご利用頂くメリットは以下です。
ーーーーー
1.【完全無料】:登録やプラン提案において、料金は一切発生しません
2.【知識を活かした収益】:自分が詳しい地域の旅行プランを提案するだけで収入が得られます
3.【完全在宅勤務】:全ての作業はネット上で完結します。
ーーーーー

以下のサイトに詳細がございますので、よろしければご参照を頂けますと幸いです。
http://www.travel-lobby.info/

お手数ですが、よろしくお願い致します!

投稿: 原口悠哉 | 2014年4月11日 (金) 12時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 都心を知る、日本を知る。 | トップページ