« アナザーステップ? | トップページ | 都心を知る、日本を知る。 »

日本人の優位性と仕事が奪われる日。

今日の会議、構成員はネパール人、インド人、バングラティシュ人、韓国人...etc...そして、私がただ一人の日本人参加者だった。だが、驚くべき事に、会議の言語は、日本語だった。
これには衝撃を受けた。そして、ここでもまたあたらめて自分の了見の狭さを知った。今までは、外国人が一人でも混じっていた場合は、全て英語で会議をするものだと思っていた。しかし、私は、初めて、流暢な日本語を操り、日本文化を理解し、礼儀正しく真面目に働く大量のインド人企業戦士を擁する、日本市場に特化したシステム開発を請け負うインド系の会社が複数存在することを知った。

目の前で若いインド人たちが日本語で談笑している。彼らは、インド支社の将来の幹部候補生としてインドで採用された新卒で、日本で4ヶ月間の日本語研修を受けている。たった4ヶ月の研修で、もう日本語で談笑している。漢字を駆使したメールも書いてくる。彼らはヒンディー語と日本語は文法が似ているとのたまうが、それは謙遜というものだ。これには衝撃を受けた。

もし、外国人と比較して、日本人の日本市場における優位性が、「日本語を流暢に操り、日本文化を理解し、日本人を相手に仕事ができる。」ということだと定義すると、日本人から優位性が失われ、外国人に仕事を奪われる日も遠くないだろう。グローバル化の外からのプレッシャーで規制なんてものはそのうちなくなり大量の外国人が高度な技術を要する職業に流入してくる。(いや、金融、ITなどのハイエンド人材市場では実際もうかなりしてきている。)

日本語だけではない日本人の優位性とは何だ?細かい事か?空気が読める事か?

|

« アナザーステップ? | トップページ | 都心を知る、日本を知る。 »

日本人の世界進出」カテゴリの記事

コメント

グローバル化によって、「仕事ができる=アタマがいい」には、「異文化にすぐ馴染む」「さまざまな人から合意を形成できる」能力も入ってくるよーになったんでしょう。

それって、平安時代~江戸時代まで、国を閉ざしていた日本人には結構ハードルが高い。

昔ながらの「優秀だけどブッキラボー」なエリートは、「仕事ができない奴」になってしまう。結構恐ろしい。

投稿: まんた | 2010年5月30日 (日) 23時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アナザーステップ? | トップページ | 都心を知る、日本を知る。 »