« 日本人の生産性の低さの謎。 | トップページ | 英語=グローバル化ではない。。。 »

奇跡だ。

奇跡だ。日本企業独特の雰囲気がボディブローのように突き刺さってはや一ヶ月半、まだなんだかんだいって続いている。奇跡としか言いようがない。
私の日本企業のイメージは、3K。(給与が安い、オフィスが汚い又は汚い身なりのヒトが普通にいる、帰れない(いや、帰らない、か。))
幸い、今の会社はそのどれにも当てはまっていない。これはスゴい事だ、しかし。。。
その3Kという言葉では表現できない、何とも形容しがたい日本企業独特の文化とスタイルはしっかりと受け継がれている。世界的レベルで優秀な人材を募集したいが、日本企業の文化に従えない人材はいくら天才でも採用しないのがポリシーだそうだ。こりゃあgoogleにいそうなヒトはこないわな。でもこういうのって入ってみないとわかんないし。
そういや、外国人社員は多いけど、みんななんか疲れて萎縮して見える。外資にいるそれとはえらい違いだ。
うーん、恐るべし日本企業文化。恐れ入りました。

|

« 日本人の生産性の低さの謎。 | トップページ | 英語=グローバル化ではない。。。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本人の生産性の低さの謎。 | トップページ | 英語=グローバル化ではない。。。 »