« いままでのあらすじ。 | トップページ | 社内公用語を英語にするということ。 »

世界的なブランド力のない日本企業が強くなるには?

アメリカのGoogleには世界中から天才級の人材が集まってくる。
じゃあ、世界中から才能を呼び込むような(世界的な)知名度もブランド力もない日本企業が強くなるにはどうすればいいのだろう? 
まず、その道の一流の人材を雇い、時間とお金をじっくりかけて、整理した各業務の方法論や仕組みやフレームワークを徹底的に作る。そしてそれが済んだら、天才ではない大勢のフツーの従業員たちに、強力なリーダーの号令で「四の五の言うな、なんでもいいからこれをこの通りに徹底的にやれ」とルール化して有無を言わさずそれらをやらせる。そしてそれらを繰り返しているうちに、フツーの人たちは気がつけばなんか結構スゴいことをやっていて、なんか会社も伸びている。。。
これも世界中から才能を呼び込めない凡人集団の日本企業がGoogleみたいな企業に勝つ方法のひとつ。。。この会社に勤めていて、ふと感じた。
個性が強くわがままな軽装世界的オールスター集団 vs 強いリーダーのもと統率された重装凡人カミカゼ集団、これからの時代勝つのはどちらだろうか?

|

« いままでのあらすじ。 | トップページ | 社内公用語を英語にするということ。 »

日本人の世界進出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いままでのあらすじ。 | トップページ | 社内公用語を英語にするということ。 »